意外といける!バーチャル講師での旅行業務取扱管理者資格講座

旅行業務取扱管理者の資格取得を目指して日々勉強をされている皆さんにとって、いちばん「障害」になっていることは何でしょう。

それは、問題が難しいとか言う学習内容のことについてではなく、「どうやって勉強時間を捻出すればよいか」ということではないかと思います。

一度落ちた人が、再起をかけて再度挑戦しようとしても、仕事と家事が忙しくてなかなかまとまった学習時間が取れないということと、集中できる環境が作れないということもあり、もう観念しようか・・・なんて思ったりしないでしょうか。

そういうことを考えていた時、ネットを覗いていると、なんだこれ。「旅行業務取扱管理者講座にバーチャル講師」の広告を発見。ほほう、バーチャル講師って、なんか有名な先生のCGなんだろうな、と思いながら見てみると、

うわ、これはなんかすごい!

萌え萌えの美少女キャラがバーチャル講師だって? はあ~?こんなのってありかね? ないない。真面目な旅行業務取扱管理者試験の勉強に萌えキャラの講師などありえるわけがない。

合格率40%前後で、誰でも簡単に合格できるわけでは決してない、国家試験である旅行業務取扱管理者の試験の講師が、こんな、アニメの美少女キャラなんかでいいわけがない。遊びじゃないんですぞ。どれだけ苦労してここまでやって、しかも落ちたっていうのにこんなのがでてきては、今までまじめにやってきた私が報われない!

でも、話題にはなると思ったから、一応見てみることにするとしましょう。

バーチャル講師が萌えキャラとは・・・おどろく。

その講師の名は、東雲ソラ。まずは自己紹介の動画を見てみます。

おお。明るい黄色の衣装。口調が朗らかでかわいい。嫌いなタイプではない。
ちょっと幼顔。少し甘えたような声。黄色い帽子がチャームポイント。巻き髪がくるんと胸元で揺れています。ふむふむ、いいねえ。

趣味は文房具集め、最近のお気に入りは大人の鉛筆?。口癖は「やあば」。辛いものが大好き。ワイン大好き。甘すぎるお菓子はきらい。あこがれるのがパリ。親しみやすさを演出されていますね。

まじめで裏表がない所がいい所なんだって。天真爛漫で好奇心旺盛。座右の銘が「聞くは一瞬の恥、聞かぬは一生の恥」。

確かに質問をするのはちょっと勇気が必要なところってありますよね。知らないってことは恥ずかしくないんだよって自分に言い聞かせたいです。はい。

アニメの美少女が講師!

自己紹介はみてだいたい分かったけど、こんなアニメの講師が難しい内容を教えられるわけがないと思うのです。アニメは嫌いじゃないから好感は持てますが、だからといって、旅行業務取扱管理者講座の講師として適任かどうかはわからないじゃないですか。講義の内容はどのような感じなのでしょうか。

旅行業務取扱管理者関連の動画はまだないのですが、「マシュマロ質問返し!」の動画中に、「旅行業務取扱管理者ってどういうときに必要な資格なんでしょうか?」という質問と、「総合旅行と国内旅行って何が違うのですか」という質問があり、それに東雲ソラちゃんがまことにに的確に短い時間でわかりやすく答えています。

この2つの質問に答えている部分、たったの1分8秒。内容をまとめると以下のとおりでした。

    • 旅行業務取扱管理者は旅行会社で旅行取引の総合責任者として活躍する人。
    • 旅行業法で営業所ごとに旅行業務取扱管理者を一人ずつ配置することが義務付けられているので、旅行業界で働こうと思う人はとっておいた方が有利な資格である。
    • 旅行業務取扱管理者には、総合旅行業務取扱管理者と国内旅行業務取扱管理者の二つがある。
    • 国内旅行業務取扱管理者は国内旅行に関わる業務のみを取り扱える資格で、総合旅行業務取扱管理者は、国内・海外を問わず旅行業務全般に携わることができる資格である。
    • 国内旅行業務取扱管理者は旅行業界を目指す人がまず目標とする資格で、総合旅行業務取扱管理者は国内旅行業務取扱管理者の上位資格である。

何も知らない人が聞いても、最初からよく整理されていますし、この東雲ソラちゃんの声は旅行業務取扱管理者講座の声として聴きやすいなあと思いました。

バーチャル講師なのに質問に答えている

前段で先に紹介してしまいましたが、バーチャル講師、東雲ソラちゃんはツイッターもやっていて、そこではマシュマロを使って質問も受け付けています。

東雲ソラちゃんは「質問にお答えします」の動画が制作されていたので、こいつを試聴してレポートしましょう。

少しハスキーボイスであることがよくわかりますね。自己紹介動画ではちょっと緊張していたのかもしれませんが、この動画ではラジオ番組のDJ風のしゃべりになっていて少し肩の力が抜けて、いい感じですよ。

>好きな色は何ですか?やっぱり黄色ですか?
もちろん黄色も大好きだけど、ピンクも好きとのこと。ピンクってみているとハッピーな気分になれるんだって。

ほいっ!二つ目の質問。
(「ほいっ!」が、かわゆくて萌える~)

>ソラちゃんのツイートを見て、最近肌寒くなってきたのでお風呂にゆっくり浸かりたいと思いました。おすすめの香りの入浴剤とかあったら教えてください。
柑橘系の香りが好きなのと、リラックスできるラベンダーとかが好きなんだって。

>赤ワインと白ワインどっち派ですか?
お母さんの影響で赤ワインだそうです。気が付いたら私の血液は赤ワインになりました、だって。

ほいっ!次の質問。
(おお、萌える~)

>「やあば」ってかわいいですね。方言ですか?
大学の友達の中でとても流行っていて、そのまま口癖になってしまったのだそう。

>日本国内だとどの観光地が好きですか?おススメがあればおしえてください。
熱海が好きなのだそうです。温泉もあるし海も見れるし、冬でも花火が上がるってのもいいですね、とのこと。

続いて、

>パリがお好きだと見ましたが、パリ意外に好きな場所はありますか?
パリが好きなのだけれど、シンガポールにも行きたいと思っているのだそう。

で、ほいっ!最後の質問です。

>ソラ先生にとって「教える」とは何ですか
東雲ソラ先生はこの質問に対して、「これは「やあば」な質問ですね。」と前置きしたうえで、次のように述べました。

「教える」っていうのは、一番自分のためになる勉強だと思っていて、人に教えることは私自身がしっかりと学んだものしか人にはお教えすることができたいって思っています。なので、一方的なものではなくて相互関係のあるもの、それが教えるってことじゃないかなって思ってます。

「ほいっ」「んー」がいいですねえ。萌え~

東雲ソラちゃんの人となりがよく理解出来る

このように質問に答えることもできるバーチャル講師はリアルな人間の講師ではないけれどもリアルな人間のように人格があります。

人間の講師には人と人の相性というものがあって、好き嫌いがあります。第一印象でそうではないのに、たまたまなんだか怒っているように見えたり、過去大嫌いだった人に似ていたりでとっつきにくさが出ることがあり、これが授業の聞きやすさに大きく影響します。

でもこのバーチャル講師東雲ソラちゃんに関しては、人の好き嫌いを超越した世界の話なので誰でも安心してスッと入っていけるお年頃があって、とても聞きやすいし、こうしたプライベートな話を理解したうえでの話の聞きやすさはリアルな講師には真似のできないところですね。

バーチャル講師について詳しくはこちら

バーチャル講師の言っていたことが予習になる

東雲ソラの学科の内容を聞いたわけではありませんが、こんな感じで授業をされればどのような感じになるのかはだいたい予想がつきます。

ただ数分間見ていただけですが、とにかく内容が整理されているので頭の中にフォーマットのようなものが出来上がったのを感じます。これは、ただ、動画を見るだけで「予習」に相当する行為が完結するということだと思います。

ただ、見るだけで予習のような効果があるのであれば、前段で述べたようにこの予習は電車の中などで動画を見るだけでできるということになります。つまり隙間時間で予習ができるということですね。

このように頭の中に下地ができることでテキスト学習の内容が入りやすくなるので学習効果が高まるのではないかと思うのです。

予習後に再度テキストで学習したら

動画を見た後、再度テキストを開いて学習するとしましょう。

あ、ここ東雲ソラちゃんが言っていた。あ、ここも重要だって言ってた。それを踏まえてノートに自分が理解した通りに整理してまとめていきます。早い。全く知らない状態からテキスト学習するのとは違う。ノートがするするまとまる。

お、一時間たたないうちにきれいにノートはまとまりました。ほほう。これは完璧だ。理解した。完全に理解できた。・・・ということになるのではないかと期待します。

この調子で他の単元もやっていけば、最初の関税法を攻略するのが早くなりそうです。今年失敗してしまった反省からすると、こうした基本をおろそかにしてしまっていた気がしますね。

いみじくも東雲ソラちゃんが、自己紹介で言っていた「聞くは一瞬の恥、聞かぬは一生の恥」が頭に入ってなかったということに他なりません。「わかったつもり」っていう「罠」にはまってしまってはいけませんね。

これはありだ!180度考え方が変わった

いやあ、最初はアニメの萌えキャラ美少女に講師なんかやってもらってもお遊びでしかないんだろうなと思っていましたが、それは大違いだということに気が付きました。

このバーチャル講師、短くなるように大変よく練られた内容です。すべてを網羅しているわけではなく、合格レベルの点数をゲットできるようにきれいにきちんと整理した内容を、東雲ソラちゃんのかわいいハスキーな明るい声で、わかりやすく教えてくれる。

旅行業務取扱管理者試験の選択問題は、条文の本筋、趣旨をきちんと理解していれば迷うことのない問題ばかりです。

細かいところにとらわれて大事なことを理解せず「聞くは一瞬の恥、聞かぬは一生の恥」ということで、確かめることなく試験に望めば、あいまいな理解の箇所があると、間違います。

東雲ソラちゃんの講義では大事なことから入っていき、細部へと流れていくので理解の流れが自然だということと、どこが大事なのかということが認識されながら進むので、見るだけでも一通り見につく感じがしました。

一度見ればだいたい頭に入っていくから、隙間時間に短時間で学習ができ、時間のない人でも効率を高められるから、本当にいいなと思います。仕事や家事をしながらの勉強はとにかく勉強時間と環境の確保が大変なのです。その2つを克服できる有効な手段です。これはまちがいない。

私のように、仕事や家事をしながらの資格試験への挑戦をしているみなさんにもぜひおすすめしたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です