就職できる資格なら旅行業務取扱管理者

旅行業務取扱管理者は就職で強く求められている

旅行業務取扱管理者がなぜ就職に有利なのかは、旅行業法に明記された記載によります。

旅行業法第1条(目的)には、営業所ごとに最低1人の旅行業務取扱管理試験に合格したものをその営業所の「旅行業務取扱管理者」として選任することが義務付けられています。

旅行関係で代理店を開く、というような場合は、かならず一人、旅行業務取扱管理者を置かないといけないのです。

「できればいるといいな」というレベルではありません。
「ゼッタイいないといけない」のです。

だから有資格者は旅行業界で強く求められます。

 

国家資格の旅行業務取扱管理者は就職に有利

旅行業務取扱管理者は旅行業界唯一の国家資格です。

なんらかの業界への就職、転職を考えるとき、やはりその業界に関係した国家資格を持っている人は就職しやすくなります。

そして旅行業界への転職を考えるなら、国家資格は旅行業務取扱管理者しかないのです。

旅行業界にはさまざまな就職先がありますね。

旅行代理店はもちろん、旅行会社、鉄道会社、航空会社、ホテル業界

昨今、旅行ブームですから、旅行業界の就職先は確実に広がっています。

海外旅行もすごく身近ですよね。

また、東京オリンピックが2020年に控えていますから、国内からの旅行者以外に、インバウンドである訪日客を相手にした旅行関連会社も増えていくと予想されます。

つまり、旅行業務取扱管理者はもともと就職に強いうえに、放っておいてもどんどん就職先の選択肢が増えて行って、ますます就職に強みを発揮する資格へと成長してくれる、というわけです!

旅行業界なら勝ち組に入れる

日本経済は最近、落ち込みが激しいですが、その中でも数少ない、今後成長できる業界、勝ち組に入れる業界が旅行業界であり、その業界唯一の国家資格である旅行業務取扱管理者は就職・転職で大いに役立ってくれます。