独学で旅行業務取扱管理者に合格できる?

市販のテキストを利用して独学

旅行業務取扱管理者の資格を取るには、試験に合格しなければなりません。

年に1度しか試験はなく、合格率は30%前後とけして簡単な試験ではありません。

勉強方法は、独学でも合格できるのでしょうか。

アマゾンで検索すると、旅行業務取扱管理者の試験テキストがたくさん出てきます。

ユーキャンからもテキストが出ています。

このような市販のテキストを利用すれば独学することは可能です。

独学の良いところは、自分のペースでできること。

通学だと働きながら通うのは時間の制約があります。
それに、近くにスクールがなければ通うことが困難です。

独学なら、自分の空いた時間に勉強ができるので、忙しい人には向いているように思います。

また、費用が安いことも大きなメリットです。

テキストは1冊3,000円程度なので、あまり費用を掛けることなく勉強できます。

ただし、独学の場合、よほど意思が強くないと合格できないと言われています。

なぜなら、自分で試験までのスケジュールをたて、さぼることなく勉強を続けなければならないからです。

独学より通信講座を利用することをオススメします

仕事をしながらの勉強は、思っているよりも大変です。

独学の場合、さぼってしまっても誰も注意してくれません。

どれくらいスケジュールが遅れているかも、自分で管理しないと、試験に間に合わなくなります。

実際独学で勉強してみると、仕事が忙しく予定通りに勉強できないことも多くなります。

そんなとき、だれも注意しない、だれも見ていないと思うと、ずるずるとさぼり続けてしまうこともあります。

それに、分からないことがあったときに質問できる機会がありません。

結局わからないままになってしまい、モチベーションが落ちたり、それがきっかけで不合格になるかもしれません。

独学の大きなデメリットがこの点にあります。

では、費用と使い勝手、サポートの面から考えてどんな勉強方法が良いのか。

最近は、サポートの手厚い通信教材があるので、自分に合った通信教材で勉強してみると良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です