国内旅行業務取扱管理者で就職

国内旅行業務取扱管理者は就職で求められる

旅行業務取扱管理者には「国内旅行業務取扱管理者」と「総合旅行業務取扱管理者」の2種類があります。

国内旅行業務取扱管理者は国内旅行の管理・監督をする仕事です。

旅行業法により、旅行代理店には最低1人、旅行業務取扱管理者を置くことが定められています。

旅行業務取扱管理者でしかできない仕事があるので、絶対必要とされるのです。

例えば、「取引条件の説明」や「書面の交付」のとき、旅行者から依頼があれば、旅行業務取扱管理者が最終的な説明をしないといけません。

有資格者がいないと業務が進まないので、いてくれないと困るのです。

だから求められます。

国内旅行業務取扱管理者になったらすぐ就職活動をスタート

総合旅行業務取扱管理者に比べて、国内旅行しか扱えず限定的な資格ですが、それでも就職に有利なことには違いありません。

国内旅行業務取扱管理者になったら就職活動をすぐ開始して大丈夫です。

総合旅行業務取扱管理者を取得するまでは・・・と家に閉じこもって勉強を続けるよりは、外に出てどんどん求人に応募しましょう。

旅行代理店、旅行会社、ホテル、などなど、旅行業界のさまざまな業界で重宝されます。

資格の勉強をしながら実地で経験を積む

おすすめの方法としては、まず国内旅行業務取扱管理者を取り、そこですぐ就職活動をスタート。

総合旅行業務取扱管理者の勉強を続けつつ仕事を探して、就職が決まれば、仕事をしつつ勉強を進める。

というやり方が、一番時間と手間を節約できる方法かと思います。

実地に出て経験を積めば、それが「総合」の勉強に役立ちます。

家で勉強しているよりは、実地で経験を積む方がずっと「総合」に受かりやすくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です