旅行業務取扱管理者ならJR就職も夢じゃない!

JRは就職で旅行業務取扱管理者有資格者を重視

「JR」っていい響きですよね。

旅行業界への就職を考えるのなら、必ず一度は夢見たことがあるでしょう。

普通に就職活動をするだけでは、JRに就職するなんて夢のまた夢のような気がしますが・・・旅行業務取扱管理者を持っていれば、それが夢ではなくなります!

夢のJR就職が、旅行業務取扱管理者を持っていることでぐんと現実性を帯びていきます。

なぜかと言うと、JRでは就職希望者に旅行業務取扱管理者有資格者であることを重視しているからです。

旅行業務取扱管理者は就職前にJR運賃計算の勉強をする

JRが就職で旅行業務取扱管理者有資格者を求める理由は2つあると思います。

1つは、旅行業務取扱管理者が旅行業界唯一の国家資格であるゆえに、旅行業界なら採用を考える上で当然、優遇する資格であるということです。

もう1つは、旅行業務取扱管理者の試験問題にJRの運賃計算の問題が出題されているため、就職に向けて努力してきました!とアピールできるからです。

JRの運賃計算、かなり面倒です。

私は大学のときに旅行業務取扱管理者の資格を取ったのですが、このJRの運賃計算にかなり手こずらされました。

地理と同じくらい<ですかね。

地理も地名や祭りの名前をいっぱい暗記しないと大変なのですが、JR運賃計算は計算の仕方を覚えるのが大変でした。

 

乗り越えられれば採用者の心証が良くなる

しかし、それを乗り越えて旅行業務取扱管理者になり、JR運賃計算できる技術を身に付けてから就職に臨めば、「この子はちゃんと勉強してからここに来てるんだな。それだけうち(JR)に入りたい気持ちが真剣なんだな」と採用者に思ってもらえます。

だから、当然、無資格者よりは採用されやすくなります。

JRへの就職を考えている方はぜひ旅行業務取扱管理者を持っておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です